エクリーン

公的年金だけでは足りない?

1ヶ月あたり約4.6万円が不足

1ヶ月あたり約4.6万円が不足

総務省の平成28年家計調査年報によると、高齢夫婦無職世帯の生活費は1ヶ月あたり約26.8万円がかかるとなっています。一方、収入は約22.1万円。1ヶ月あたり約4.6万円の不足が生じることになります。

公的年金の給付額

公的年金の給付額は、加入している年金の種類と加入期間によって異なります。平成29年度の国民年金を例にとると、40年間国民年金のみに加入して満額の給付資格を得ている人は、月額約6.5万円(夫婦の場合約13万円)の高齢基礎年金を受け取ることができます。なお、会社員の方は、国民年金の上乗せとして厚生年金からも給付を受けることができます。夫(妻)が会社員、妻(夫)が専業主婦(主夫)で、平均的な収入で40年間厚生年金に加入した場合、夫婦2人分の高齢基礎年金を含む標準的な年金額は約22.1万円(月額)です。

1ヶ月約34.9万円必要?

財団法人生命保険文化センターによれば、趣味や旅行等を楽しみながらゆとりある老後を過ごしたいと考えるなら、1ヶ月あたり約34.9万円が必要というデータもあります。

公的年金以外の収入が重要

ゆとりある老後生活を送るためには、公的年金以外の収入が重要となります。

当社の有料セミナーを受講してみませんか?

当社の有料セミナーで「高利回りを狙う手法」を習得すれば一生の財産になります。一度ノウハウを習得すれば、その後は資産を増やし続けることができるようになります。セミナーは有料ですが、おそらく極めて短期間でセミナーで支払った料金分を回収でき、以降は長期間に渡って資産の増大が継続します。この機会に是非当社のセミナー受講をご検討ください。

資産運用シミュレーションツール無料プレゼント

確定拠出年金運用コンサルティング

<< 前のページに戻る