エクリーン

投資のリスクについて

投資信託は、値動き(価格変動)のある有価証券などに投資するため、元本や利回りの保証はなく、以下のようなリスクにより、損失を被り、投資元本を割り込むおそれがあります。

1.価格変動リスク
有価証券の価格が変動し、保有する資産に影響を及ぼすリスクをいいます。一般的に、国内外の政治・経済情勢、企業の業績などの影響を受けます。

2.為替変動リスク
円と外国通貨の交換レートは常に変動します。外国の株式や債券などに投資する投資信託はこの為替変動の影響を受けます。一般的に円高の場合は基準価額の下落要因となります。

3.金利変動リスク
金利の変動が、債券の価格に影響を及ぼすリスクをいいます。一般的に金利が上がった場合、債券の価格は下落し、反対に金利が下がった場合、債券の価格は上昇する傾向があります。

4.信用リスク
有価証券の発行体(国や企業など)の経済情勢や財政状態に関わるリスクをいいます。例えば、発行体の倒産などの理由により、分配金や償還金があらかじめ決められた条件で支払われないこともあります。

5.カントリーリスク
投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取引に対して新たな規制が設けられた場合には、ファンドの基準価額が予想外に下落したり、方針に沿った運用が困難となることがあります。
投資対象先が新興国市場の場合には、市場規模や証券取引量が小さいことや、法制度や経済基盤等が未発達であることから、欧米等先進国の証券市場に比べカントリーリスクが高くなる傾向があります。

<< 前のページに戻る